Industrial waste treatment産業廃棄物処理

 産業廃棄物処理

(株)山拾 村上商店では、店舗やオフィス、建設系産業廃棄物、工場等から出る廃棄物を可能な限り最大限リサイクルすることで、環境負荷を軽減することが使命だと考えています。

処理工場
本社工場鳥取リサイクルセンター

受け入れ可能な産業廃棄物

廃プラスチック
紙くず
木くず
繊維くず(畳)
OA機器
金属くず
ガラスくず
コンクリート及び
陶磁器くず
がれき類(モルタル類 )
混合廃棄物

産業廃棄物処理フロー

選別能力を格段に向上させるバリスティックセパレーター

(株)山拾 村上商店は、混合廃棄物施設であるバリスティックセパレーターを導入しています。これにより、これまで手作業で行なっていた工程の多くが自動化され、産業廃棄物の選別処理能力を飛躍的に向上させています。

ご提供できるメリット

メリット1

処理能力の向上により、
大量の混合廃棄物の受け入れが
可能になっています。

メリット2

処理能力に加え、
リサイクル率の向上により、
処分費の圧縮を実現。

メリット3

各種許可・登録に基づき、
収集・運搬から処理・処分までを
適正に一括して行えるので、
安心してお任せいただけます。

バリスティックセパレーターによる作業フロー

建設系混合廃棄物

建築現場などから排出される、木くず・廃プラ・がれき類・ガラス・繊維などの混合廃棄物を重量物、軽量物、細粒物の3種類に選別するため、バリスティックセパレーターに投入

バリスティックセパレーターによる選別作業

搖動式パドルにより、材料を重量物、軽量物、細粒物に自動で選別できるようになったことで、処理能力が格段に向上。より多くの産業廃棄物を受け入れることが可能になりました。

RPF(ボイラー用燃料)
原料に
木くずチップ
(ボイラー用燃料)
金属スクラップ
(鉄鋼製品の原料)
古紙
(再生紙の原料)

残渣は埋め立て処分

委託契約

 排出事業者は、産業廃棄物処理を他人に委託する場合は産業廃棄物処理基準に従って委託をしなければなりません。弊社では、処理基準に準じた委託契約書をご用意しております。まず事前ご相談下さい。